MENU

冬の脇汗

脇汗が出る基本的な理由は2つあって

冬の脇汗原因@体温調整

 

汗をかくと体温が下がります。体が熱くなり過ぎると判断した時に、それを抑えるために汗を分泌するわけ

冬の脇汗原因A精神性発汗

 

脇汗をかくかもしれないとそればかりに気持ちが集中することで、それが本当になって汗をかくということです。前者に関しては体温調整なので仕方ないですが、後者に関してはあまり脇汗について考えないことで、汗を抑えることは可能です

 

またこれ以外にも多汗症だったり、更年期障害の症状などで汗が増えることがあります。この場合はそれぞれその症状にあった治療を受けるのがベストです。汗自体は意味があって分泌しているものなので、無理に止めることは逆効果ですが、多過ぎるのは問題なので、異常に多い方は病院を頼るのもいいかもしれません

 

冬の方が夏より臭いのは

脇汗というと夏のイメージですが、もちろん冬にもかきますし、臭いに関しては冬の方がきついです。これはなぜなのでしょうか?

 

まず服装

 

夏は元々暑いので通気性の良い服装をしています。そのため汗をかいてもすぐに蒸発するのでそれほど気になりません。それに対して冬は外気が寒いのでなるべく風を通さない服を着ています。そのため熱気が服内にとどまって汗もこもってしまうのです

 

室内の暖房

 

室内の暖房

人間の体は暑いところから寒いところに移動するよりも、寒いところから暑いところへ移動する方がより多くの汗をかくといわれています。外は寒いですが、室内は暖房で温かいので、夏よりも多くの汗をかきやすくなるわけです。それに暑い時よりも寒いときの方が代謝が上がっているので、ちょっと動いただけでも汗をかきやすくなり、臭いもきつくなる

 

冬の脇汗の止め方

冬の脇汗を止めるには

 

まずは通気性のいい服を着ることです。もちろん外気温が寒いので、夏場のような涼しい服装は無理でしょう。気を付けたいのが下着です。今では定着した薄くてもこれ1枚で温かい系の下着はやめましょう。自分の汗で発熱するタイプなので臭いが広げてしまいます。シルクやオーガニックコットンなどの通気性のよい天然素材の下着を選びましょう

 

食事にも注意

 

タンパク質は糖質の5倍もの熱になり、汗をかきやすくなります。肉や乳製品などの動物性タンパク質は臭いの原因となるので、タンパク質はほどほどに摂取しましょう。もちろん清潔に保つのは当然です。熱がこもりがちなので、気付かないでも汗をかいています。トイレに行くたびにウエットティッシュで拭くなど、こまめに拭き取り清潔に保つこと

 

 

>>男性の脇汗・臭いは制汗剤スプレーより TOP