MENU

気になる脇汗治療で保険が適応される手術

脇汗 手術

男女ともに深刻な悩みとなっている脇汗は、手術によって止めることができます。

 

ボトックス注射は

 

メスを使わずに処置できる方法で、手軽に行うことができるというメリットがありますが、ただ、効果は短く長くても1年ほどしか持続しませんから、一度試してみたいという人にはおすすめ

脇の下の多汗の場合のみ、保険が適応されます

 

多汗症は、エクリン汗腺が発達し、通常よりもたくさんの汗がでる場合をいいます

 

手術によってエクリン汗腺を取り除く手術には

 

いくつかの方法がありますが、もっとも効果的なのが剪除法で、脇の皮膚を切開し医師が目で汗腺を確認しながら少しずつ取り除いていく方法です。確実に汗腺を切除することができるため、もっとも効果が高い方法

 

脇汗が気になる場合には

吸引法は、脇の下に数ミリの穴をあけて、カニューレという細い管で汗腺を吸引して除去する方法、軽度の多汗症には効果がありますが、取り残しがあれば再発する可能性があります。手術にはそれぞれメリットとデメリットがあります

 

重度の多汗症の人が、吸引法を行っても、脇汗が治らないという場合もありますし、軽度な多汗症の人が剪除法で脇に傷を作る必要もありませんから、自分の症状にあった方法を選択することが大事

 

剪除法の費用は

 

20万円〜35万円、吸引法は15万円〜25万円が相場となっています。ただクリニックによって値段は違ってきますし、剪除法は保険適応となる場合がありますから、事前にクリニックに確認するとよいでしょう

 

傷跡が気になる場合には美容外科がおすすめ

美容外科

施術が保険適応となる基準は、最終的には医師の判断となるところが多いので、クリニックに確認するしかありません。また適応される手術は剪除法だけですから、傷跡が気になるという場合は、自由診療で吸引法やその他の方法を選ぶことになります

 

もし術後の傷跡が心配だという場合には

 

美容外科の自由診療の脇汗手術を検討してみてはいかがでしょうか?

 

脇汗の量やにおいの軽減はもちろんのこと、きれいに治療することも目的に入っていますから、術後傷跡が心配だという人にはおすすめです。特に女性の場合、脇に目立つ傷跡を残したくないという人も少なくありませんから、美容外科を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

>>男性の脇汗・臭いは制汗剤スプレーより TOP