MENU

加齢臭の原因

加齢臭は、皮脂腺の中のパルミトレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られるノネナールという物質がニオイのもとになります。40歳を超えると男女ともにこうした物質が増えます

 

肉類

パルミトレイン酸は脂質を多く含む食品を摂ると増加する傾向があります。肉類や卵、フライドポテト、チーズなどです

 

人が生きていく上で酸素を取り込みエネルギーを生み出しますが、このときに活性酸素が生まれます。活性酸素はストレスや喫煙、暴飲暴食、大気汚染や紫外線なども原因となって作りだされます。この活性酸素が増えると監査し脂質が増え、結果ノネナールの発生が増加します。

加齢臭を抑えるには肉を控え、抗酸化作用のある野菜を多く摂るようにする必要があります

 

ノネナールは若い男女にはほとんど存在しませんから

 

ノネナールは加齢だけではなく脂質を多く含む食品を多く摂取することで、パルミトオレイン酸を増やし、においを強くしてしまいます。またストレスを受けた時にも増加してしまうので、日々の生活を見直すことも大切

 

 

臭いに関すマナー

スメルハラスメントと言う言葉があります。これはその人の臭いが、無自覚であっても他人を不快にすることもあると言う意味です。加齢臭においてもこれは同様で、決してそれはメンズに限ったことではありません。また加齢臭は本人にとっても大きな悩みですから、スメルハラスメントと言う言葉だけで表現してしまうのも考えものです

 

ただし女性にしてみれば

 

やはり最低限の清潔感があり、汗の臭いも酷くないメンズの方が安心できる、近寄りやすいと言う面があるのは確かなことです。ですからメンズにおいても、まずは自分の臭いがどうか、加齢臭ではないかどうかを確認することはマナーのひとつと言えます。その上で臭いが気になる場合や、ワキガが疑われる場合は、適切な対処をとるようにすると良い

 

 

>>男性の脇汗・臭いは制汗剤スプレーより TOP